最強度近視のレーシック

-10D以上の最強度近視を視力回復する最新レーシック

度数が-10D以上の最強度近視の人でも可能なレーシックでは、フラップをレーザーで作成するイントラレーシック、さらにはその中でも最高の精度を持つレーザーを使用する必要があります。
作成時に起こる可能性があるわずかな誤差をも感知して調整し、その人の角膜にぴったりと合った形で細かな検査結果に基づいた設定に狂いの無いフラップを作成できるイントラレースレーザーが必要です。
またエキシマレーザーで行う屈折矯正工程においても最強度近視の場合は緻密な単位での角膜調整が要求されるため、レーザーが当たる部分の湿度などを常に管理しながら安定したレーザー照射が行えるコンディションメーターが必要不可欠です。
それでも対応できない角膜の薄さ・強度近視の場合には、角膜に触れずにレンズを眼内に挿入することで視力回復を実現するフェイキックIOLが適用されます。

品川近視クリニックのフェイキックIOLについて

施術名 料金(両眼) 乱視用レンズ 検査費用 保障期間
フェイキックIOL(前房型レンズ) 46万円(税抜)〜 別料金 無料 3年
フェイキックIOL(後房型レンズ) 64.5万円(税抜)〜 別料金 無料 3年

お手入れ不要の眼内永久コンタクトレンズ、フェイキックIOLなら最強度近視の人でも自然な見え方で視力の矯正を図れます。
品川近視クリニックでは、切開幅は大きいものの最強度近視の人には適しているアルチザンタイプ、切開幅が小さく乱視の変動なども少ないアルチフレックスの2種類の前房型レンズと、長期安定型で両眼を同時に手術できる後房型レンズIOLからレンズを選ぶことができます。
最強度近視の人や、角膜が薄くレーシック手術に向かない人、角膜を削る施術に抵抗がある人などには特におすすめできる術式です。
また、レンズはすべて一人ひとりに合わせたオーダーメイドという点も安心のポイントです。

新宿近視クリニックのフェイキックIOLについて

フェイキックIOLは、最強度近視の人や、検査などの結果レーシックが不適合と診断された人でも屈折矯正ができる治療法で、角膜が薄い場合も施術が可能です。
前房型のアルチザン、アルチフレックスタイプの他、新宿近視クリニックでは乱視用のレンズも選ぶことができます。
術後に近視の戻りがなく、見え方もごく自然で快適な視界を手に入れられるのが特徴ですが、最強度近視の人にとっては、レーシックよりも見え方の質が良いことが一番のメリットといえるでしょう。
新宿近視クリニックでは、感染症発生率ゼロを維持するために衛生管理を徹底しており、そうした点でも不安なく大切な眼の治療を任せることができます。

神戸神奈川アイクリニックのフェイキックIOLについて

神戸神奈川アイクリニックでは、症例経験の豊富な医師が責任を持って施術を担当してくれる上、術後のアフターケアや定期検診も万全に整っており、安心して任せられます。
レンズは前房型レンズ2種類の他に、切開幅が小さく、同日に両眼の施術が可能な後房型ICLレンズも選ぶことができます。
大切な眼の治療となると、誰でも少なからず不安になるものです。
神戸神奈川アイクリニックでは、そんな患者の不安が和らぐよう、資格を持った専任のカウンセラーが納得のいくまで相談に乗ってくれます
また、カウンセリングは施術が完了したら終わりではなく、術後でも利用できるというのも安心のポイントです。

錦糸眼科のフェムトレーザー・レーシックについて

最強度近視ではレーシックによる視力回復ができないと諦めていた人に朗報なのが、錦糸眼科で受けられるレーシックです。
角膜が格段に薄い人や近視が強い人など、レーシックに不適応なケースも、フェムトレーザー・レーシックであれば視力回復を望めます。 また、夜間の光のにじみやぎらつきがレーシックに比べて起きにくいのも大きな特徴です。
錦糸眼科は、国内で初めてレーシックによる視力矯正をはじめたクリニックです。
長年の経験で培った技術と豊富な症例経験を元に、熟練した眼科専門医が安心、安全な施術を提供しています。
無料の初診検査やいつでも気軽に疑問点を解決できるWeb相談などもあり、不安を解消してから治療に臨めるよう配慮されています。

最強度近視の最新レーシック手術@-10D以上の視力回復法リンク